ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー屋さんをやります。

11月16日、大田区久が原のくさっぱら公園で。
この公園で毎年行われている「くさっぱらまつり」で販売します。

くさっぱらまつりは、私の原点のようなおまつりで、離れていてもずっと大切に思っています。

今まではリース作りのワークショップや、ぬいぐるみの販売で参加してきましたが今年はドリームキャッチャーです。

私は木の実や枝やガラクタを拾って来て工作するのが好きで、特にドリームキャッチャーは昨年から気に入って時々作っています。
今回は古い照明に付いていたクリスタルガラスと組み合わせてドリームサンキャッチャーにしてみます。

良い蔓はないかなーとキョロキョロしながら歩いていると、16年前泣きそうな気持ちで蔓を丸めていた日々を思い出して、
なんか色々あるけど今、幸せなんだ、と再確認しました。

三鷹駅前まるごと絵本市の一箱絵本市に参加します



レオンハルト駅は新しく、近代的な設備を備えた駅だった。
目まぐるしく列車の発着を告げる電光掲示板が点滅し、シャンデリアに彩られたブランドショップや、洒落たカフェが軒を連ねている。
その大きな駅の片隅のベンチに、小さなクマがポツンと腰掛けていた。
赤いプラスチック製のピカピカのベンチに、古ぼけた縫いぐるみのクマはあまりにも不釣り合いであった。

「フランツ坊ちゃんは、寄宿舎に入られた。」

クマは擦り切れたビロードの鼻を擦りながら、所在無さげに呟いた。
クマの腹心の友、この世で一番愛するフランツ坊ちゃんは、この秋、遠く離れた街の寄宿舎に入った。

「クリスマスには帰ってくるよ。
良い子で待ってて。」

出発の朝、フランツ坊ちゃんはクマの頭を撫でながら言った。
だけど、クマにはわかっていた。
もう二度と、フランツ坊ちゃんに会う事はないのだと。

クマはおが屑の詰まった身体をモゾモゾと動かし、ツルツル滑るベンチから落ちまいと四苦八苦していた。

これからどこへ行こう?


--- --- --- --- ---

三鷹駅前まるごと絵本市内の企画、10月26日の一箱絵本市に参加します。

三鷹のMマルシェと同時開催です。絵本にまつわる物を売るという企画なので、絵本に出てきそうだと思う作品を制作→初めの1ページを書く、というシリーズをやってみます。

一箱絵本市
日時:10月26日 日曜日 12:00〜16:00
場所:三鷹中央通り商店会

三鷹駅前まるごと絵本市
http://mitaka-ehon-ichi.jimdo.com


キリントンのブログ

おしらせとイベント
新入荷したもの
ぬいぐるみ
キリントンレコーズ
こどものアトリエ
お店について
キリントンの日々

キリントンのtwitter キリントンのfacebook

amazonのキリントンレコーズ

京王線仙川駅から徒歩8分
セレクトCDとハンドクラフトの店
仙川キリントン

東京都三鷹市中原1-2-38
03-6909-1584
info@kirinton.com
http://kirinton.com

©Kirinton
Customized Design by
gallus gallus graphics

RSS1.0 | ATOM
Top | Config